corporate site

IKKANDO 株式会社一貫堂IKKANDO 株式会社一貫堂

50年以上続く
会社になる道を
この手でつくる

2006年11月入社
取締役
阿保 晴彦

Interview Vol.1

入社するまでどのような「道」を 歩んできましたか?

一貫堂に入社する前は、岐阜の製版会社におよそ7年半勤務していました。
社外ではお客様である印刷会社に対して営業し、エンドユーザーのクライアントには新たなシステムの提案を行っていました。
社内では会社の中心に立ち、DTP部門やデザイン部門など新しい部門をいくつか立ち上げましたね。
また、世代交代を図るべくリーダー組織を発足し、社員のことを考えて業務改善や認証取得を積極的に行っていました。
ただ、営業を行っていく中で、新規開拓を行いたいと思い、さらには自分が本当にやりたいこと、
実現したいことは何か?を真剣に考えるようになり、今の会社に入社を決めました。

いまはどのような仕事で「道」を 作っていますか?

いまは毎年ごとの経営計画を作成し、まさに一貫堂のこれからの「道」を決めているような仕事をしています。
また、新規事業の企画や構築といった事業を構築する最初のプロセスを担うことが多く、
あるいは大手企業様の新規案件の営業など幅広く担当しています。
一貫堂に入社してからは前の会社の経営体質の違いに戸惑うことがあり、新しいことがなかなか進まない状況がありました。
そんな中でも自分がやってきたことが上司に評価され、
「期待してくれている人がいるなら頑張って応えたい」という感覚でここまでやってきました。
任される仕事の幅が広がる中で徐々にやりがいを見つけられるようになってきて、
部下が少しずつ育ってきていることが感じられることをとても嬉しく思いますね。

一貫堂の良いところは?

年齢や社歴、立場は関係なく「自分がどうしたいのか。どうなりたいか。」を軸に、
様々なことを自分で決めることができます。
そこには同時に責任が伴うため、一つ一つの壁を乗り越えるたびに、自分の成長が実感できます。
前の会社との違いで言えば、以前の会社で営業やってたときは自分の営業目標を達成するために仕事をしていたが、
ここでは自分一人では達成できない目標を組織全体で取り組んでいるところがあります。
あと、ここには失敗の積み重ねが成功につながるという考え方が根本にあるので、迷うことなくチャレンジを続けることができますね。
社員同士でも前向きな意見交換や議論をする場が多いため、刺激を与えあい、共に頑張れる環境が整っています。

これからどのような「道」に 向かっていきたいですか?

これからは一貫堂が30年、50年と続いていく会社になる道を自分の手で作っていきたいです。
そのために人と事業が成長し続ける社風作りの真っ只中で、そこに共感してくれる社員が少しずつ増えてきていることを実感しています。
まさに、社員一人一人が自分で作ろうとしている「道」を、知恵を出し合って一緒に作っている最中なんです。
そして会社の中で「事業家」や「起業家」が生まれるように、そこに向けた道を歩んでいるところです。
プライベートの部分で言うと、仕事とプライベートは切ろうと思っても切り離せないものと思っていて、
家族や妻に理解を得ながら両立していくことが結果として、仕事もプライベートも充実するものになると思っています。
だからプライベートも手を抜かないのがモットーで、子供をきっかけにスポーツの審判員、指導員の資格取得をしました。
これからは自分の子供の成長だけでなく、チームの子供たちに指導をしながら、
スポーツを通じて社会に通用する人間性を育てることができるようにしていきたいですね。

IKKANDO 一貫堂

本社
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2丁目16番26号 SC伏見BLDG.4階
TEL:052-202-3535 FAX:052-202-3534

東京支店
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11番14号 3331 Arts Chiyoda 210号室
TEL.03-5807-1758
FAX.03-5807-1759