corporate site

IKKANDO 株式会社一貫堂IKKANDO 株式会社一貫堂

お客様に対して
そして社員に対して
道を作りたい

2011年4月入社
東京支店営業
鹿庭 誠

Interview Vol.1

入社するまでどのような「道」を 歩んできましたか?

一貫堂に入社するまでは、13年間アパレルの百貨店営業をしていました。
全国の百貨店に、自社が取り扱うインポートのブランドを提案し、フロアに導入してもらうという店舗展開の他に、
展開が決まった売場の販売計画の立案、商品の海外発注・納品、イベントの計画などに携わっていました。
ただ、アパレル市場の不況に伴って、徐々に百貨店で培った接客や人との折衝などを生かせる企業に入りたいと考えるようになりました。
そんな中、一貫堂といういまの会社を見つけました。
アスクルは事務用品通販の最大手で、全国全業種に営業することが出来るうってつけの会社だと思い、入社を決めましたね。

いまはどのような仕事で「道」を 作っていますか?

いま私は東京支店で、前職と同じく営業を担当しています。
営業は実績がそのまま数字で出てきて、自分がやった分の成果がそのままわかるところも魅力ですし、
お客様と直接折衝できることも魅力のひとつです。ただ、当初は前の業界における営業との違いに苦しみました。
百貨店営業というのは、とにかくお客様に失礼のないように礼儀正しく丁寧に、というところが一番必要なスキルだったのですが、
一貫堂ではそれに加えて「提案力」というものが大きく求められます。
企業様に対して刺さる言葉でご提案しつつ、時には「それは違いますよ」とアドバイスするエネルギーが必要なのです。
企業様に対してアポイントメントを取って繰り返し訪問するだけでなく、しっかり勉強して、失敗の積み重ねが実力につながると思っています。
大変な面はたしかに多いですが、お客様に必要としていただけるときにやりがいを感じます。
ささいな事でもふとお電話をいただいて、困り事が起きたらまずはご相談をいただけるという関係は自分にとっての財産です。
提案力を武器にお客様と信頼関係を築けるようになり、結果的にお客様から相談がいただけるようになったと考えています。

一貫堂の良いところは?

私が働いていて感じるのは、通常の会社における営業は「来週までに売上を取って来い」と数字を出してくるところが多いと思うのですが、
当社は自分で考えて行動して、結果が伴うのを良しとする会社なので、数字ありきの営業ではないところが一番の特徴じゃないでしょうか。
会社全体のことで言えば、自分が決めた道をここまで自由に進ませてくれる環境は、他社にはなかなかないと思いますね。
文字通り自由だけではありませんが、自分で決めたことに対してダメだと言われたことはありません。
その一方で、そこにはそれなりの責任が伴います。
そして結果ももちろん大事ですが、大切なことはそこから何を学べたかです。
たとえそこでこけてしまったとしても、次に失敗にならないよう努力すれば、また再びチャンスをもらえる会社です。

これからどのような「道」に 向かっていきたいですか?

自分が携わる事業を大きくして、しっかり実績を取っていきたいです。
お客様に対して道を示すだけでなく、同時にその事業に関わる社員全員がやりがいを感じることができる道を作っていきたいと思っています。
また、プライベートではきっちり分けられる環境が作れるよう頑張りたいですね。
そのオンとオフをきっちり分けられる=時間内で仕事をこなせている証になると思うので、
オンの時のセルフマネジメントを徹底していきたいです。

IKKANDO 一貫堂

本社
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2丁目16番26号 SC伏見BLDG.4階
TEL:052-202-3535 FAX:052-202-3534

東京支店
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11番14号 3331 Arts Chiyoda 210号室
TEL.03-5807-1758
FAX.03-5807-1759